脊柱管狭窄症対策の知恵袋

注目

Pocket

・脊柱管狭窄症とは
脊髄を通す管を脊柱管といいますが、この管がなんらかの原因で狭くなってしまい、脊髄神経を圧迫して痛みやしびれ、麻痺などが発生する疾患を脊柱管狭窄症といいます。

schmerz

・神経を圧迫すると痛みが発生するは間違いだった
椎間板ヘルニアが神経を圧迫して下肢痛を引き起こすといわれたのは今から104年前、Glodthwaitだとされています。

以来、神経への圧迫は痛みを引き起こすといわれてきましたが、近年神経生理学の発達により神経は圧迫しても興奮しないことが分かってきました。

感覚の多くは電気信号のやりとりですから、様々な受容器の興奮がなければ起こりません。
途中を圧迫して興奮が起こる(痛みが起こる)という説明はおかしな説明なのです。

structure of peripheral nerves vector illustration

生理学で有名な熊澤孝朗先生は著書「痛みを知る」で
「神経線維は通常、その末端の受容器からの信号を伝えるものであって、その途中が興奮する様なことはありません。」と記しています。

また、「臨床医のための痛みのメカニズム」では
123
とあります。

足の裏の神経や妊婦さんのお腹の神経、座業の坐骨神経を想像してみてください。
神経がそんなに圧迫に弱い器官ならば世の中障害だらけになりますが、実際はそうではありません。

・画像上の異常はあまりあてにならない

腰痛のある方と無い方でレントゲンやMRIの画像を比べると腰痛のない健常者の方達にも画像上の異常、つまり関節の変形や椎間板の狭小化、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は普通に映しだされます。

Collage of many X-rays in very good quality.

70代の健常者を撮影したらその6割に脊柱管狭窄症が映し出されたという話もありますし、手術と保存療法で比べたら二年後の状態に差がなかったなど、このような話はたくあんあります。

脊柱管狭窄症減圧術と理学療法二年後に差なし
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201504/541719.html
http://annals.org/article.aspx?articleid=2214174

ですから、画像上の変化は年を重ねれば一般的なことであり、麻痺がなければ手術の必要はないといった考え方に変化してきつつあります。

・ではどうしたらよいのでしょうか

手や足、首や腰などに発生する痛みやしびれの多くは皮膚や筋肉由来のものですから、柔らかくしてあげればよいのです。

3d rendered illustration of the male musculature

例えば私なら皮膚と筋肉を微弱な刺激で調整するジェリーフィッシュ・セラピー(ACT療法)で興奮したトリガーポイントを沈静化させます。

その他にも脊柱管狭窄症について様々な情報を得て安心すること。
不安や恐怖が強いと痛みがとれづらくなりますからね。

原因があるからこそ、結果として痛みやしびれがあります。
がんばって痛みから開放されましょう。

Physiotherapie

皆さんにこんな悩みはありませんか?

・少し歩いては痛み、長く歩くことができない

・腰やお尻、足がとても痛い

・痛みで歩くのが大変

・コルセットや痛み止めが手放せない

・現在受けている治療が痛いので、痛くない治療を探している

痛みを長い間放っておくと痛みそのものが病気の状態になってしまうことがあります。

そうならないためにも、痛みはなるべく早く改善することをお勧めします。

当院では脊柱管狭窄症の改善方法を提案できます。詳しくはこちらをご覧ください。
おおしま接骨院ブログ http://s621.com/blog

体の痛みは様々な原因で発生します。自己判断はせず、なるべく専門家の指示を
仰ぎましょう。

moon jellyfish - Aurelia aurita in the water

おおしま接骨院のご案内

おおしま接骨院HP http://s621.com
おおしま接骨院ブログ http://s621.com/blog

大嶋大輔(おおしまだいすけ)
10854309_771086426303020_2409317952724431393_o■プロフィール
新潟県産まれ
幼少の頃に経験した様々な怪我をキッカケに治療家を目指し柔道整復師国家資格を取得。
柔道整復師として腰痛や坐骨神経痛など、カラダの痛みやしびれを抱えた方の施術を専門におこなっている。
特に関節センサーの異常や筋膜性疼痛症候群の施術を得意とする。
現在は「一人でも多くの患者さんの痛みやしびれを取り除くこと」をモットーに、全国各地から来院する患者さんの施術に明け暮れる。

■著書
「テンタクル・タッチで痛みが溶ける!究極の脱力ジェリーフィッシュ・セラピー」
「腰痛解消!神の手を持つ18人」
「腰痛・首・肩の痛みを取る!匠の技を持つ23人」
無題■施術所
住所:〒349-0124 埼玉県蓮田市末広2-1-2
お問い合わせ:電話 048-764-1190
施術時間:午前9時~12時 午後2時~6時半(土日は午後5時半まで)
休診:水曜・不定期で時々 

map

 

Pocket

脊柱管狭窄症に固定術を追加しても改善しない

Pocket

腰椎変性すべり症があっても結果は変わらず

 腰部脊柱管狭窄症に対する外科的治療としては、除圧術が標準的に行われるが、近年、固定術が追加される機会が増えている。スウェーデンUppsala大学のPeter Forsth氏らは、除圧術のみを行った場合と、固定術を追加した場合の2年後と5年後の転帰を比較する無作為化試験Swedish Spinal Stenosis Study(SSSS)を行い、これらの治療の有効性には差はないこと、固定術を追加すると、出血量が増え、入院期間が長引いて、費用も高額になることを報告にした。結果はNEJM誌2016年4月14日号に掲載された。
schmerz
Pocket

画像上所見のみの腰部脊柱管狭窄症(LSS)診断は禁物

Pocket

画像上所見のみのLSS診断は禁物

画像上のLSS有病者のうち実際に症状を有する人は1割程度なので,画像所見のみで病気と診断するのは誤り(本文より)

LSS(腰部脊柱管狭窄症)
メディカルトリビューン様より:https://medical-tribune.co.jp/news/2015/1009037560/

画像上脊柱管の狭窄があっても実際に症状が発生する方は僅か、ということですね。

症状がある方と無い方の差はなんでしょう?

症状がある方と無い方の差はなんでしょう?

 

Pocket

高性能の画像診断の普及によって脊柱管狭窄症が増加

Pocket

■高性能の画像診断の普及によって1990年代から脊柱管狭窄症が増加したが、100名の脊柱管狭窄症患者(平均年齢59歳)の臨床症状と画像所見(単純X線撮影・脊髄造影・CT)を比較した結果、両者間に関連性は見出せなかった。http://1.usa.gov/RxEUW4

脊柱管狭窄症の画像所見は臨床症状と関連性のないことが明らかとなったわけですが、興味深いのは、両側性の症状を訴えたのは42%に過ぎないのに、画像所見では患者の89%が両側性の狭窄変化が認められた点です。画像検査が増えるに従って今後も新たな病名と患者が増えていくことでしょう。となれば必然的に手術件数も増えることになります。

TMS JAPAN様より

Pocket

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症のような構造上の変化はごく一般的な所見

Pocket

腰痛も下肢痛も経験したことのない健常者67名を対象にMRIで腰部を調べた結果、椎間板変性・変形性脊椎症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症のような構造上の変化はごく一般的な所見であることが判明したことから、手術の選択は慎重であるべき。

Pocket

脊柱管狭窄症手術実施率の高い地域の方が治療成績は劣る

Pocket

メーン州内の3つの地域で椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症によって手術を受けた患者665名を2~4年間追跡した前向き研究によると、手術実施率の高い地域の治療成績は手術実施率の低い地域よりも劣ることが明らかとなった。

Pocket

脊柱管狭窄症への減圧術と理学療法、2年後の身体機能に差なし

Pocket

神経性間欠跛行のある腰部脊柱管狭窄症患者を対象としたランダム化試験で示唆、治療効果に性差もなし

続きはこちら
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201504/541719.html

Pocket